放浪日記

旅や安酒の情報

ラオスフェスとサンプラザ中野くんさん

今月は東南アジアファス祭り、タイフェスに始まり、ベトナムフェス、そして今週がラオスフェスとなり、気がついたら代々木公園に足を踏み入れていました、

f:id:damuemura:20180528103028j:plain

会場に近づくと、もう既に路地に座り込むアジア感が満載、パクチーナンプラーが地べたに座り込む成分でも入っているのでしょうか?

f:id:damuemura:20180528103057j:plain

f:id:damuemura:20180528103217j:plain

規模的には、タイフェスティバルベトナムラオスといった感じで、こじんまりとしてたけれども、回りやすくてよかった。先日のベトナムフェスと変わって日本人も多かったですね。約半分以上は日本人の感じ。

f:id:damuemura:20180528103159j:plain

まずはラオスと言えばビアラーオ、早速ブースに行く。

f:id:damuemura:20180528103149j:plain

ノーマルのビアラオ、黒ビールのビアラオ、ゴールドのビアラオなどがあって、500円ほどで販売。そんなの現地にもあまりない印象だったので、黒を注文。

f:id:damuemura:20180528103206j:plain

瓶で飲む気満々だったのが、有無を言わさずクリアカップで一瞬にして入れられてしまい、醍醐味がなくなる。

 

続いては、ラオフードに手を出すべく屋台街へ、ラオスの食べ物ってタイとかぶってるんですね、タイ料理もちらほら、ラオスではカオニャン?というもち米と、フランスパンのサンドイッチとかあったなーとか思いつつ、散策。

f:id:damuemura:20180528103225j:plain

ここはスタンダードに500円のカオニャンとソムタム、ラープを購入。米が確かにもちもちしてて、ラオス気分に浸れました。

f:id:damuemura:20180528103250j:plain
その勢いでラオバケットなるものも。これは現地でもフランスの植民地時代の流れなのか、フランスパンの中にたくさんの具材があって、これは600円したがなかなかの当たり、具沢山でうまっ。

f:id:damuemura:20180528103242j:plain

お次にラオラーオという焼酎も。ボトルで300円と格安。ショットでソーダ割りなども作ってくれるみたいでしたが、ここはボトルで購入。25度できつめ、日本の焼酎より匂いに独特の風味がありますね。

f:id:damuemura:20180528103257j:plain

 

f:id:damuemura:20180528103234j:plain

この日は二日目の午後、ステージにはサンプラザ中野くんと、パッパラー河合氏が。

猿岩石でもお馴染みの応援ソング「旅人よ」を拝聴できて、

当時のバックパッカー熱を呼び起こしてくれます。

猿岩石のルートは確か、ベトナムの中部からラオス、タイと行っていてラオスは素通りしてたくらいだったけな。

f:id:damuemura:20180528103116j:plain

Tシャツ屋ではガチンコで辰吉のトレーニングパートナーとしても出演していた戎岡氏も写真に載っていました。ここの店主に話を聞くと神戸から来ているようで、ラオスのTシャツはビアラオくらいしかないから、自作でも作っているんですってね、確かにビアラオくらいしかないよな。戎岡氏には、頑張ってラオスの新Tシャツを広めていってほしい。なんのつながりがあるのか不明ですが。